デスクトップを晒す

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

SD誌の特集に触発されてデスクトップをさらしてみる。

Mac歴19年(?)。

ハードはMacBook Pro 2012 Late。SSD 512GB、メモリ8GB。オフィスではThunderboltとHDMIポートを使ってトリプルディスプレイ、自宅はTBだけなのでデュアルディスプレイ。

執筆陣と同じくデスクトップにアイコンは置かない。置いてあるとしたら仕掛かり中。外付けHDDのアイコンは表示。そのままUSBケーブルを抜くとファイルシステムが壊れるので、マウントしていることが分かるように。

オフィスでは3TBと2TB x 2(RAID 0)の外付けHDD、自宅では2TB x 2(RAID 0)と3TB x 2(RAID 0)の外付けHDD。容量が大きいのは動画、写真、RHEL / FedoraのISOを格納しているから(^_^;

使っているツール。


  • ウェブとメールは、SafariとMail.app。純正一択。

  • Terminal.appでvi。Jeditも愛用。ファイル転送はscpコマンドメインだけど、FileZillaというftp/sftpクライアントも利用。ncftp / wget / rpmなどのCUIツールをパッケージでインストール。Homebrew / Macportsは使わず、必要なら自分でPackageMakerでパッケージングしてpkgutilで管理。

  • Adobe Creative Suite。illustrator / Photoshop / Acrobatは必須。

  • RAW現像はAdobe Lightroom。写真・動画管理は自製のスクリプトで/yyyy/mm/dd/camera_model/yyyymmddhhiiss-seq.cr2にリネームしてLightroomのカタログに。

  • カラーマネジメントは三菱のEasy Color! Expertとi1Profiler。

  • ATOK。ことえりは無理。

  • MS Office 2011。パワポを送ってこられるので仕方無く。プレゼンはKeynoteで作成。Keynoteに挿入するビデオはiShowUで。

  • 仮想化はVMware Fusion。Parallels Desktopと共にベータテストに参加してたけど、Fusionの方がパフォーマンスが良くなったので。

  • Twitterは夜フクロウ。

  • 1Passwordと自製のAppleScriptでパスワードを管理。iPhoneとの同期はDropboxとiPhone用の1Passwordクライアント。

  • 他に、Mac Blu-ray Player / HandBrake / MakeMKV。