タグ「RHEL」が付けられているもの

これを見てもNovell?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Linux Foundation Updates Study on Linux Development Statistics: Who Writes Linux and Who Supports It | The Linux Foundation

まあなんか最近、Novellの社長があちこち回って、「RHELのサポートもしますよ!」とか言ってるみたいですが。

コードを書いてるトップがRed Hatなだけではなく、レビューをしているのもほとんどRed Hatというのが事実。

RHEL5.4 beta released!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

リリースノートテクニカルノートをざっくりと目を通したけど、今回はマイナーアップじゃないな、中身が。

KVM、XFS、FUSE、LPARのFencing、KTP、GROと目白押し!
ext3じゃなくてxfsを使いたいとかいう話も(よく)聞くし、Offload Engineが使えるからWinの方が良いとか、こてんぱんダゼ!
えーと、どのマシンで試そうかなっと。

正確にはリアルタイムじゃないよ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

レッドハット、RHEL 5との互換性を維持したリアルタイムOS

これは同僚に説明してもらって理解したので、間違っているところがあるかもしれないけれど、このRed Hat Enterprise MRG RealtimeはリアルタイムOSではないです。本当のリアルタイムOSちゅうのは、それぞれのシステムコールに実行時間を指定するパラメータがあり、その時間内にもしシステムコールが処理しなければ、エラー割り込みが起きるそうで。

RHELとの互換性を保っているということは、システムコールもそのまんまなわけで。なので、正確には「普通のRHEL5カーネルよりもターンアラウンドタイムが比較的予想しやすいカーネル」というところ。しかもスループットが良くなるわけでも無し。

ビルドしてでもRPMで

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

新米Linux管理者がよくやる10の間違い - IT業界を生き抜く秘密10箇条 - ZDNet Japan。どうしようもない限り、絶対RPMでしか入れないね、自分の場合。まずRHELに含まれない場合、EPELを探す。ダメな場合、repoを提供しているコミュニティを探す。例えばPostgreSQL。だめなら、ATrpms、もしくはRPMfindを探す。もし世の中にRPMが無ければ、specファイルを書いてRPMを作る。

まあ、CPANやphp-pearはRPMパッケージで入れない時があるけどねぇ。

サーバ構築メモ書き-9

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

色々やってみた結果、PostgreSQLをチューニングしてもブログの再構築はこれ以上速くならないことが分かった。面白いのは、PostgreSQLにするとMySQLの倍近い速さで再構築が出来るのだけれど、この時にtopを見ているとPostgreSQLはほとんどCPUを使っていないのに対し、MySQLはかなりCPUを使っている。MySQL-5.0系はロックの処理に問題があるようで、ほとんどSELECTしか発行しない再構築においても、CPUをかなり消費するように見える(mysql-debuginfoを入れてoprofileをかけたわけでは無いので、当てずっぽうだが)。

そして、PostgreSQLでの再構築の際にCPUを使っているのは、もちろんmt.cgi、つまりperlなわけでこいつをどうにか高速化したいのだけれど...

サーバ構築メモ書き-4

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

新しいサーバにはRHEL5をインストールしたので、Movable Typeのバックエンドには4つの選択肢がある(SQLiteとかなし。Movable Type以外にもDBを使うので)。つまり、

Flex-10はRHEL5.3で対応らしい

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

日本 HP、「HP BladeSystem c-Class」向け新ソリューションを発表。これかぁ、Flex-10って。RHELが対応しているか質問をされたんだけど、このニュースを先に読んでれば、準備しておけたんだが。

とはいえ、RHEL5.3betaのkernelのchangelogにbnx2xをアップデートした旨の記述があるので、調べるのは簡単だったけど。

ICH10R + dmraidでRAID1を組む

ICH10R入りM/Bに1TBのHDD2発なので、お決まりのやつを(^^ゞ
なんだかdmraidのパッケージにはあまり情報が無くて、まあ実際こんな感じなんだが。ちょっと投げやりすぐる...。

# rpm -ql dmraid
/sbin/dmraid
/sbin/dmraid.static
/usr/lib64/libdmraid.so.1.0.0.rc13
/usr/share/doc/dmraid-1.0.0.rc13
/usr/share/doc/dmraid-1.0.0.rc13/CHANGELOG
/usr/share/doc/dmraid-1.0.0.rc13/CREDITS
/usr/share/doc/dmraid-1.0.0.rc13/KNOWN_BUGS
/usr/share/doc/dmraid-1.0.0.rc13/LICENSE
/usr/share/doc/dmraid-1.0.0.rc13/LICENSE_GPL
/usr/share/doc/dmraid-1.0.0.rc13/LICENSE_LGPL
/usr/share/doc/dmraid-1.0.0.rc13/README
/usr/share/doc/dmraid-1.0.0.rc13/TODO
/usr/share/doc/dmraid-1.0.0.rc13/dmraid_design.txt
/usr/share/man/man8/dmraid.8.gz
/var/lock/dmraid

うーんプロプラでは無いから、まあコードを見ろ、そんな難しいことやってないよ、ドイツの科学力は世界一ぃぃぃ、って感じなんだろ、と。えーと、とりあえず、-sしろと。で、Activateするには-ayだと。

# dmraid -s
*** Group superset isw_cgejcgagfj
--> Subset
name   : isw_cgejcgagfj_Vol0
size   : 1953519616
stride : 128
type   : mirror
status : ok
subsets: 0
devs   : 2
spares : 0

# dmraid -ay
RAID set "isw_cgejcgagfj_Vol0" was activated

# ll /dev/mapper/
total 0
brw-rw---- 1 root disk 253,  1 Nov 29 22:31 VolGroup01-LogVol00
brw-rw---- 1 root disk 253,  0 Nov 29 22:31 VolGroup01-LogVol01
crw------- 1 root root  10, 63 Nov 29 22:31 control
brw-rw---- 1 root disk 253,  2 Nov 29 22:32 isw_cgejcgagfj_Vol0

あー、デバイスノードが出来てら。ちゅうことは、fdiskするか、pvcreate/vgcreate/lvcreateするかだわな。とりあえずLVMで。

# fdisk /dev/mapper/isw_cgejcgagfj_Vol0 
Device contains neither a valid DOS partition table, nor Sun, SGI or OSF disklabel
Building a new DOS disklabel. Changes will remain in memory only,
until you decide to write them. After that, of course, the previous
content won't be recoverable.


The number of cylinders for this disk is set to 121600.
There is nothing wrong with that, but this is larger than 1024,
and could in certain setups cause problems with:
1) software that runs at boot time (e.g., old versions of LILO)
2) booting and partitioning software from other OSs
   (e.g., DOS FDISK, OS/2 FDISK)
Warning: invalid flag 0x0000 of partition table 4 will be corrected by w(rite)

Command (m for help): n
Command action
   e   extended
   p   primary partition (1-4)
p
Partition number (1-4): 1
First cylinder (1-121600, default 1): 
Using default value 1
Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (1-121600, default 121600): 
Using default value 121600

Command (m for help): w
The partition table has been altered!

Calling ioctl() to re-read partition table.

WARNING: Re-reading the partition table failed with error 22: Invalid argument.
The kernel still uses the old table.
The new table will be used at the next reboot.
Syncing disks.

# partprobe /dev/mapper/isw_cgejcgagfj_Vol0 
# ll /dev/mapper/isw_cgejcgagfj_Vol0*
brw-rw---- 1 root disk 253, 2 Nov 29 22:33 /dev/mapper/isw_cgejcgagfj_Vol0
brw-rw---- 1 root disk 253, 3 Nov 29 22:33 /dev/mapper/isw_cgejcgagfj_Vol0p1

# pvcreate /dev/mapper/isw_cgejcgagfj_Vol0p1 
  Physical volume "/dev/mapper/isw_cgejcgagfj_Vol0p1" successfully created

# vgcreate -s 32M VolGroup00 /dev/mapper/isw_cgejcgagfj_Vol0p1 
  Volume group "VolGroup00" successfully created

# vgdisplay 
  --- Volume group ---
  VG Name               VolGroup01
  System ID             
  Format                lvm2
  Metadata Areas        1
  Metadata Sequence No  3
  VG Access             read/write
  VG Status             resizable
  MAX LV                0
  Cur LV                2
  Open LV               2
  Max PV                0
  Cur PV                1
  Act PV                1
  VG Size               74.31 GB
  PE Size               32.00 MB
  Total PE              2378
  Alloc PE / Size       2378 / 74.31 GB
  Free  PE / Size       0 / 0   
  VG UUID               kcEq05-mAM4-CEQ4-z9t6-HYDm-9Vrs-zvvw5v
   
  --- Volume group ---
  VG Name               VolGroup00
  System ID             
  Format                lvm2
  Metadata Areas        1
  Metadata Sequence No  1
  VG Access             read/write
  VG Status             resizable
  MAX LV                0
  Cur LV                0
  Open LV               0
  Max PV                0
  Cur PV                1
  Act PV                1
  VG Size               931.50 GB
  PE Size               32.00 MB
  Total PE              29808
  Alloc PE / Size       0 / 0   
  Free  PE / Size       29808 / 931.50 GB
  VG UUID               iLmukb-Sq3i-buph-6doM-kkGq-SoW3-jedrfH

# lvcreate -l 29808 -n LogVol00 VolGroup00
  Logical volume "LogVol00" created

# lvdisplay 
  --- Logical volume ---
  LV Name                /dev/VolGroup01/LogVol01
  VG Name                VolGroup01
  LV UUID                LI52WN-bwWq-rsme-9YG5-Ko10-n7tJ-0yt4E8
  LV Write Access        read/write
  LV Status              available
  # open                 1
  LV Size                72.31 GB
  Current LE             2314
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           253:0
   
  --- Logical volume ---
  LV Name                /dev/VolGroup01/LogVol00
  VG Name                VolGroup01
  LV UUID                cTWWR8-Npzf-A2ve-BKJQ-DP9O-zyA3-lSWkXz
  LV Write Access        read/write
  LV Status              available
  # open                 1
  LV Size                2.00 GB
  Current LE             64
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           253:1
   
  --- Logical volume ---
  LV Name                /dev/VolGroup00/LogVol00
  VG Name                VolGroup00
  LV UUID                0DTn9b-deMD-hv3l-JePf-XOfW-B1hQ-tmMEG0
  LV Write Access        read/write
  LV Status              available
  # open                 0
  LV Size                931.50 GB
  Current LE             29808
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           253:4

ま、あとは、mke2fsしてfstabに書けばオッケーだろ。

# mke2fs -j /dev/VolGroup00/LogVol00 
mke2fs 1.39 (29-May-2006)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
122093568 inodes, 244187136 blocks
12209356 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=4294967296
7452 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
16384 inodes per group
Superblock backups stored on blocks: 
	32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208, 
	4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872, 71663616, 78675968, 
	102400000, 214990848

Writing inode tables: done
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 29 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.

念のため、iostatを確認。書けてるみたいだし。

# partprobe /dev/sda /dev/sdb

# iostat 
Linux 2.6.18-120.el5 (rhel5.rio.st) 	11/29/08

avg-cpu:  %user   %nice %system %iowait  %steal   %idle
           0.58    0.14    4.24   14.82    0.00   80.21

Device:            tps   Blk_read/s   Blk_wrtn/s   Blk_read   Blk_wrtn
sda              43.42         4.22     43091.95       2486   25411751
sda1             26.76         0.29     27359.45        170   16134144
sdb              46.54         4.24     43312.50       2499   25541815
sdb1             22.81         0.19     21382.59        114   12609528
sdc              25.96       771.38       103.56     454892      61070
sdc1              0.28        21.00         0.02      12386         14
sdc2             25.65       749.90       103.54     442226      61056
dm-0             41.45       746.74       103.54     440362      61056
dm-1              0.21         1.64         0.00        968          0
dm-2           6526.75         1.42     52207.40        837   30787223
dm-3           6526.07         0.35     52207.38        209   30787215
dm-4           6525.94         0.18     52207.36        104   30787200

おっと、忘れてた、mkinitdしておこう。

# mkinitrd -v ./initrd-2.6.18-120.el5.img `uname -r`
Creating initramfs
Looking for deps of module ehci-hcd
Looking for deps of module ohci-hcd
Looking for deps of module uhci-hcd
Looking for deps of module ext3: jbd 
Looking for deps of module jbd
Looking for driver for device sdc2
Looking for deps of module pci:v00008086d00002822sv00001043sd000082D4bc01sc04i00: scsi_mod libata ahci 
Looking for deps of module scsi_mod
Looking for deps of module sd_mod: scsi_mod 
Looking for deps of module libata: scsi_mod 
Looking for deps of module ahci: scsi_mod libata 
Looking for deps of module usb-storage: scsi_mod 
Looking for deps of module ide-disk
Looking for deps of module dm-mod
Looking for deps of module dm-mirror: dm-mod dm-log 
Looking for deps of module dm-log: dm-mod 
Looking for deps of module dm-zero: dm-mod 
Looking for deps of module dm-snapshot: dm-mod 
Using modules:  /lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/usb/host/ehci-hcd.ko /lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/usb/host/ohci-hcd.ko /lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/usb/host/uhci-hcd.ko /lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/fs/jbd/jbd.ko /lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/fs/ext3/ext3.ko /lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/scsi/scsi_mod.ko /lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/scsi/sd_mod.ko /lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/ata/libata.ko /lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/ata/ahci.ko /lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/usb/storage/usb-storage.ko /lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/md/dm-mod.ko /lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/md/dm-log.ko /lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/md/dm-mirror.ko /lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/md/dm-zero.ko /lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/md/dm-snapshot.ko
/sbin/nash -> /tmp/initrd.XL3918/bin/nash
/sbin/insmod.static -> /tmp/initrd.XL3918/bin/insmod
copy from `/lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/usb/host/ehci-hcd.ko' [elf64-x86-64] to `/tmp/initrd.XL3918/lib/ehci-hcd.ko' [elf64-x86-64]
copy from `/lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/usb/host/ohci-hcd.ko' [elf64-x86-64] to `/tmp/initrd.XL3918/lib/ohci-hcd.ko' [elf64-x86-64]
copy from `/lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/usb/host/uhci-hcd.ko' [elf64-x86-64] to `/tmp/initrd.XL3918/lib/uhci-hcd.ko' [elf64-x86-64]
copy from `/lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/fs/jbd/jbd.ko' [elf64-x86-64] to `/tmp/initrd.XL3918/lib/jbd.ko' [elf64-x86-64]
copy from `/lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/fs/ext3/ext3.ko' [elf64-x86-64] to `/tmp/initrd.XL3918/lib/ext3.ko' [elf64-x86-64]
copy from `/lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/scsi/scsi_mod.ko' [elf64-x86-64] to `/tmp/initrd.XL3918/lib/scsi_mod.ko' [elf64-x86-64]
copy from `/lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/scsi/sd_mod.ko' [elf64-x86-64] to `/tmp/initrd.XL3918/lib/sd_mod.ko' [elf64-x86-64]
copy from `/lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/ata/libata.ko' [elf64-x86-64] to `/tmp/initrd.XL3918/lib/libata.ko' [elf64-x86-64]
copy from `/lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/ata/ahci.ko' [elf64-x86-64] to `/tmp/initrd.XL3918/lib/ahci.ko' [elf64-x86-64]
copy from `/lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/usb/storage/usb-storage.ko' [elf64-x86-64] to `/tmp/initrd.XL3918/lib/usb-storage.ko' [elf64-x86-64]
copy from `/lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/md/dm-mod.ko' [elf64-x86-64] to `/tmp/initrd.XL3918/lib/dm-mod.ko' [elf64-x86-64]
copy from `/lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/md/dm-log.ko' [elf64-x86-64] to `/tmp/initrd.XL3918/lib/dm-log.ko' [elf64-x86-64]
copy from `/lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/md/dm-mirror.ko' [elf64-x86-64] to `/tmp/initrd.XL3918/lib/dm-mirror.ko' [elf64-x86-64]
copy from `/lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/md/dm-zero.ko' [elf64-x86-64] to `/tmp/initrd.XL3918/lib/dm-zero.ko' [elf64-x86-64]
copy from `/lib/modules/2.6.18-120.el5/kernel/drivers/md/dm-snapshot.ko' [elf64-x86-64] to `/tmp/initrd.XL3918/lib/dm-snapshot.ko' [elf64-x86-64]
/sbin/lvm.static -> /tmp/initrd.XL3918/bin/lvm
/etc/lvm -> /tmp/initrd.XL3918/etc/lvm
`/etc/lvm/lvm.conf' -> `/tmp/initrd.XL3918/etc/lvm/lvm.conf'
/sbin/dmraid.static -> /tmp/initrd.XL3918/bin/dmraid
/sbin/kpartx.static -> /tmp/initrd.XL3918/bin/kpartx
Adding module ehci-hcd
Adding module ohci-hcd
Adding module uhci-hcd
Adding module jbd
Adding module ext3
Adding module scsi_mod
Adding module sd_mod
Adding module libata
Adding module ahci
Adding module usb-storage
Adding module dm-mod
Adding module dm-log
Adding module dm-mirror
Adding module dm-zero
Adding module dm-snapshot

テストベンチ

夏炉冬扇というわけでは無く、「夏炉」と化している自宅サーバ。さすがにTDP 130WのSmithfield、3GHzのPentium Dは暑いくせにもう遅いということもあり、可能な限り低予算で、かつショップのセールとかも活用して(笑)、原稿執筆のためにも使えるテストベンチとして新マシンを組んでみた。しかもCore i7のTDPが130Wだと分かったので、そんなエコじゃないCPUは自宅に置きたくないなぁ、かつCore2Duoの値下がりも期待出来るし。

ケースはAntecのMINI P180 WHITE。静音ケースとして人気モデルらしく、実際組んでみたら静かだった。しかもセールで半額で買った(笑)。

電源はAbeeのPower Silentistの450Wモデル。CPUにCore2Duoを考えていたので、450Wもありゃ、十分だろと。暑くならないとファンが回らないところも気に入った点。だって、TDP65WのノートPCでも使えるCPUなんだから、ファンなんていらないだろ。

M/BはASUS P5Q-EM。オーソドックスなボードなので、Linuxでも問題無かろうと思ったら少し問題が出た(^^ゞ
まあ、Linuxのエンジニアとして禄を食んでいる身としては、トラブルのうちに入らないぐらいなもんで、RealtekのチップがRHEL5.2だと使えなかった。実はRHEL5.3のベータでは問題なく動作するんだけど、Realtekのサイトからr8168ドライバを持ってきて入れてから、RHEL5.3ベータまで上げてから気付いた(^^ゞ

CPUはCore2DuoのE8400。E8500というチョイスもあったけど、安く済まそうと。何もしなくてもSpeed Stepする(cpuspeedサービスが動けば)けれど、3GHzが2GHzにしかダウンしないのがちょっとなぁ...。Pentium Dは4分の1のクロックまで落ちるのに...。

メモリは安くなったなぁ、PC2-6400の2GBを4枚買っても1万円しなかった。8GBですよ、これ。

HDDはST31000333ASを2発。P5Q-EMにはICH10Rが搭載されているので、まあ偽物だけどRAID1の1TBということにした。

で、メインのディスクはインテルのX25-M。起動時間も短いし、他の動作も非常にキビキビしていて、小気味よいなぁ。

仕事メモ for auditd

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

inotify()が無いRHEL4でファイルアクセスの統計を取るのにauditdを使ったんだが、これがまた使えないことこのうえない。auditdのログは/var/log/audit/audit.logに出力されるんだが、ログを出力するauditdの動作そのものがログに出力されるので、極端に言うと他に一切プロセスが走ってなくてもどんどんログに出力される罠。いや、syscall全体を監視しようとするのが悪いとも言えるんだけど...。仕方が無いので、auditctlの-Fオプションにaudit.logファイルのinodeを除外する設定をしてみた。

-a exit,always -S open -F inode!=3687742

kernel-2.6.13以前だとdnotify()があるのだけれど、こいつは監視するinode毎にファイルデスクリプタを消費するらしく、使い物にならない。で、ふとLinux Security Moduleがやっていることを思い出して、auditdに行き着いたというわけ。

auditdのソースをちょっと変更してみたりもしたけど、上のinodeを除外するワークアラウンドの方が短時間で結果が得られるので、逃げてみた(^^ゞ

inotify()のパッチをRHEL4カーネルに適用することも考えたけど、2.6.13でマージされたソースを見て、こりゃ大事だなと諦めた。

ちなみに、auditdのマッチポンプな仕様はその後のバージョンでは修正されている模様。自分で確認してないけど。

どのディストリもダメ?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

他のLinuxディストリビューションに変更する10の理由を読むと、最終的にはどのディストリも該当しなくなる気が...。まあ、いずれかの理由で乗り換えるという話は同意。

でも、自分は最初に触ったRed Hat LinuxからFedora/RHELなので、Linuxに詳しいというよりもRed Hat Linuxに詳しいと言った方が正しいかも(^^ゞ

RHELを使ったサーバ仮想化ホスティング

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

イーツ、Xenを利用したサーバ仮想化のホスティングサービスを発表。サーバを仮想化したホスティングサービスは珍しくなくなってきたけど、RHELの仮想化機能を使ったパターンはあまり眼にしたことが無いかと。pvドライバを使えば完全仮想化が必要なRHEL3でもそこそこ性能出るし、ホスティング先として検討する余地はあると思うなぁ。